開所5年目記念
キミノタネの気になる場所・モノ展(インターネット版)


ボクとキミノタネのなつ

キミノタネに思うこと(リビング)

キミノタネの気になる場所(キミノタネ)

キミノタネの夏(キミノタネの畑)

コーヒーメーカーinキミノタネ(リビング)

じぶんのこうさく(2階男性部屋)

あなたに会えてよかった(キミノタネ全体)

気になる場所(パソコン部屋)

オモい思い入れ(内職部屋&リビング)

机とサングラス(机の端)

私のお気に入りの場所(2階女性部屋)

自分がキミノタネで気になるところ(リビング)

 2018年9月1日。

一般社団法人ミチシルベ

が運営する、

多機能事業所キミノタネが

5年目のスタートに立ちました。

この4年間、
時代の変化に合わせて
障がい者の雇用、
虐待防止、
福祉サービスに関する
法律だけでなく意識も、
地味にだけど
大きく変わってきたように感じます。
それに合わせつつ、
多機能事業所キミノタネにしかできない
事業所の在り方も追求してきました。

〝当事者が本当に
必要としている場所。〟

そんなことを毎日考えながら
発達障がいとか、
精神障がいとか、
他にも様々に
診断された方と一緒に、
キミノタネで過ごし
仕事したり
活動したりしています。

世間は変化し、
ノーマライゼーションが
ようやくチョビッとだけ
日常に
浸透してきました。
『皆、等しく生きる社会。』
これだけたくさんの生き方が
自由に選べるようになった社会だからこそ、
うーーーん…難しい。。。

そんな時、
最近ある出来事から気づいたこと。
『失ったから、得るものってナンダロウ?』
〝自分らしく生きる〟って、
ワタシ自身に置き換えても
そう容易なことではないんですよね。
だってワタシは
そんなに
できた人間ではないので。

障がいを感じ今までの
日常のあたりまえを失う、
病気になり健康を失う、
今までできてたことを失う、
あたりまえにあったものを失う、
大切な友達を失う、
家族の笑顔を失う、
配偶者の支えを失う、
仕事を失う、
金銭的自立できていた生活を
失う…

 

失うこと。
これもまた〝障がい〟の1つ
だと思います。
悲しいし悔しいし切ないです。

そんな思いをしながら
過ごして来たスタッフと一緒に
偶然の出会いの中で
今を過ごしています。
キミノタネは、
『失ったから得たもの』に
入れてもらえますか?

5年目を迎えるキミノタネは、
そう思ってもらえるような場所に
なりたいなぁ…

 

そんなことを考えながら、
5年目をスタートしたいと思います。

今年もどうぞ
キミノタネを温かく見守ってください。
引き続きみなさまからの
叱咤激励をサービス向上の糧にしながら、
来年の5周年に向けて
スタッフサポーターともに
日々を過ごしていきたいと思います。

 

今後とも
どうぞよろしく
お願い申し上げます。

 

多機能事業所キミノタネ
施設長:すぎやかおり

落ちつく場所も 気になる場所も 秘密の場所も キミノタネ

続きを読む →