『石の上にも三年』。
日本人のほとんどの人が一度は聞いたことのある言葉。

2017年
9月1日の今日、
おかげさまで多機能事業所キミノタネは、その“3年”を過ごすことができ、
4年目を迎えることになりました。

現在、キミノタネの仲間は28名。
この全員の存在が今までの事実を作り上げてきました。

人生の価値観が多種多様であること。
目で見えることだけが真実ではないということ。
常識と非常識は悲しいかな多数決であること。
秘密は必ずしも良い結果が生まれるわけではないこと。
頭の中のゴチャゴチャは自分を苦しめるだけでなく才能を生み出すということ。
感謝の気持ちが自分を変えてくれるということ。
大切な人をすべて失っても自分の居場所は自分で創造することができるということ。
気持ちを表現することで誰かを救うことができるということ。
あせらずとも時期が来れば必然として自分の未来に向き合うということ。
居場所は誰も与えてくれず、自分の気持ちで“ただの場所”から“居場所”に変わるということ。
本当に好きなことは自分ではわからないけど、人の目にはしっかり映し出されているということ。
『やらせてもらえなかった』と嘆いていたことがデキル環境になった時、喜びだけではないということ。
過去の『誰かの一言』が、知らないうちに自分の人生に大きく影響しているということ。
自分のことを一番知っているのは自分ではなく仲間だということ。
責任感は相手を思いやることで生まれてくる感情であるということ。
いまどきの若者から学ぶ生き方がとても参考になるということ。
一生懸命ではなく一所懸命が積み重なり結果が生まれるということ。
固定観念は幸せを半減させてしまうということ。
家族の在り方は家族の数だけ在るということ。
偶然は必然であるということ。
あの日の出会いが自分の日常に大きな変化をもたらすということ。
失敗を柔軟に受け止めることで挫折ではなく成長に繋がるということ。
変わらない穏やかさはこんなにも安心だということ。
何があってもいつでもやり直せるということ。
自由は経験から学ぶということ。
持って生まれた才能は、なかなか自分で気づくことができないということ。
継続は力なり。でも、単発多彩な経験も力なり。であるということ。
どんなにあがいても太刀打ちできない出来事には流れに身を任せるのも一つの方法であるということ。

28人の仲間全員から数えきれないことを教えていただいた出来事の中から、
一人一つずつを挙げてみました。

この3年間の毎日に、それはそれはいろんなことが起こりました。
その全部にありがとうございます。
そして、4年目もどうぞよろしくお願いします(V)o¥o(V)♪

そして、そんな仲間と私のことをいつも温かく見守ってくださっている理解者の皆さま、
商いを通じて応援してくださる協力者の皆さま。
ありがとうございます。
今後とも叱咤激励のお言葉を頂戴くださいませ。

3年分の感謝の気持ちを込めてご挨拶とかえさせていただきます。

キミノタネ施設長:すぎやかおり

 

新年のスタート。
2017年、ミチシルベのテーマは『カイコン』です♪

本年もスタッフ・サポーター・役員一同、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表:すぎやかおり

2017%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6

s__22102034クリスマスが過ぎ、もうすぐお正月を迎える…という、ちょうど今くらい。
毎年毎年ソワソワザワザワしてしまう私。
決してこの時期が嫌いではないし、
何か身構えているわけでもないんです。
思い起こせば、子供の頃からずっとなんですよねー…。
夏休みや春休みはワクワクドキドキなんですが、
冬休みはソワソワザワザワなんです。

 

さて、何が言いたいかと申しますと…。
こんな『どうにもこうにも説明できない私のコノ気持ち』ってないですか…?
感覚や気持ちってそれでなくても表現しにくい、
まさに“抽象的なモノ”なのですが、
ソレがさらになかなか理解してもらえない特殊な“感覚”だったら…。
う~ん、めんどくさい。
自分で理解するのも人に説明するのもめんどくさーーーい。

…そうなんです。
ミチシルベのキミノタネで過ごす仲間たちは、
かなり独特な感性と、
なかなか説明が難しい感覚に日々苛まれながら過ごされている方が
若干多いのです。
でもそれは本人にとっては辛いことだけど、
関わる周囲の人々にとってはすごく安心なんです。
だって「私も独特な人間だからアナタもアナタのままでいいじゃない?」
というオーラ全開で私と一緒に過ごしてくれるからねー…。

なかなか言えないこと、
今年最後だから書いちゃいます。

⇒『結局のところ、私もフツ―にみなさんに支援していただいているのです。』

ミチシルベのスタッフ、関係者、サポーター。
2016年も私はミンナにサポートしてもらい、
とても良い1年を過ごすことができました。
2017年も「ペンギンが空飛んだ!!」くらい驚くようなこと、
オモシロいことをして過ごしていきましょねー。

 

こんな私たちが居るミチシルベを、
今年も応援してくださった皆様、
ジビエ屋、個々店、ツムギタヤのお客様、
ありがとうございました。
皆皆さまの年末年始が心地よい時間になりますことをお祈りしています。

それでは皆さま、よいお年を…

代表:すぎやかおり

 

※ミチシルベの年末年始休暇は、
 2016年12月28日~2017年1月3日となります。
新年は1月4日から営業いたします。
 2017年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

10月14日夜、海野町の「まちなかキャンパスうえだ」にて、長野大学&ミチシルベのコラボレーションで企画した

「聴人(ちょうじん)養成講座」 が、定員を超えての受講生さんを迎え、無事講座終了することができました。

20161014-300x225-1

直前の呼びかけにも関わらず、学生さんから大人の方まで定員を超える多数の参加を賜り、ありがとうございました。
また、イベント告知チラシを置かせて頂いた近隣のお店、ご協力いただいた地域の皆さま、この場を借りて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

ロールプレイング方式を中心に、『聴く姿勢』の基本から実践まで、充実した学びのときとなりました。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

受講者から頂きましたご感想をご紹介させて頂きます。

■「講座、とても楽しかったです。話を”聴く”ということだけに注目してじっくり考えることってあまりなかったのでとてもよい機会でした。

『2つの言葉を言った時、どちらを繰り返すか』、というのはとても考えさせられました。ちょっとしたことのようだけれど、すごく大切なことだと思いました。

今回、初めての場所とメンバーで新鮮な学びができたと感じます。またこのような機会があったらぜひ参加したいです。ありがとうございました!」

■「リラックスして参加できた講座でしたが、内容はとても充実していて『こんなふうに話しを聴く“コツ”…てあるんだなぁ…』と感じました。堅苦しくなく、難しくなく、明日から仕事でもプライベートでも実践できる…。「聴人養成講座2」があれば、ぜひお知らせください(笑)」

■「すごくよかった。来てよかったよ。」

企画した私たちも、上田市に広がった(…いや、市外からの受講生の方もいらっしゃったので、信州に…と言うべきでしょうか…)“聴人”の輪作りに貢献できて、うれしいです。

 

担当:タケムラより・・・・・・

ご報告と御礼が遅くなり、申し訳ありません。

聴人養成講座にお越しくださいました皆様、興味を持ってご連絡くださった皆様、サポートしてくださった皆様にこころから感謝申し上げます。

はじめは静かな会場でしたが、時間が経つにつれて受講者の皆さまの笑い声も大きくなっていき、最後まで暖かく明るい雰囲気の講座になりました。

私も、皆様とご一緒に今後の暮らしや仕事などに役立つ「聴き方」を学んで、聴人(ちょうじん)に一歩近づけていたらいいなと感じています。

これからも“聴人”の輪が広がることを願って、
ご挨拶にかえさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

 

来月10月14日(金)、
長野大学とミチシルベのコラボ企画
『聴人養成講座~「一緒にいたい」と思ってもらえる聴き方とは?~』
を開催いたします。

この講座のドレスコードは“しゃべり下手”。
そんなアナタだからこそ必要としている人はいるのです。

「ただただ話を聴いてほしい…」
「でも話を聴いてもらった先にアドバイスや説教が待ち受けているのなら、思いを飲み込んだままでいいよ…」
「伝えたいことを形にするのに時間がかかるだけ。なのに、どうしてみんな待ってくれないの…?」
そんなご相談から、この企画は生まれました。

上田市に長野県に、
『聴人コミュニケーション』の輪が静かに広がることを願いつつ、
参加希望のお申し込み・お問い合わせをお待ちしております。。

20160912_%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

9月1日。
今日は『多機能事業所キミノタネ』の誕生日です。

開所日初日から、
“もう、2年。”
“まだ、2年。”
出会いが在り、別れが在り、
笑いが在り、涙が在り、
選択が在り、悩みが在り、決断が在り、
不安が在り、戸惑いが在り、誤解が在り、理解が在り、
裏切りが在り、協力が在り、失敗が在り、成功が在り、劣等感が在り、
自信喪失が在り、後退が在り、
そんな中チビッと成長が在り…

もちろん、
1年目にもたくさんたくさんの
“在り”があったけど、
事業所も人と同じで、
1年目と2年目では
感じ方、共感深さ、乗り越え方、
が、
少し違うのです。

『多機能事業所キミノタネ』ってナニ?
と質問されて、
自信をもって答えられる部分と
改善の余地有りの部分が
まだまだ混在しているのは事実。
変わっちゃいけないことと変わらなきゃいけないこと。
時代とニーズを把握して
例え迷っても答えを求めて実現する。
3年目は、
そんなことを意識して
具体的な結果を印していく
1年間にしていきます。

キミノタネの道標(ミチシルベ)は、
今まで出会ってきた皆さまと
このページを読んでくださった皆さまです。
様々な立場でキミノタネを叱咤激励くださる皆さまの
来年、再来年、これからの未来に、
必要とされる事業所を目指していきます。

無事に3年目の出発を迎えられたこと、
そして、
ひきつづき
これからの目標に向かって挑戦させていただけることに感謝し、
今日もまた
キミノタネを開所したいと思います。

一般社団法人ミチシルベ多機能事業所キミノタネ
代表:すぎやかおり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA