( 新型コロナウィルス感染により尊い命を亡くされた方と大切な人を亡くしてしまった全ての人に謹んでお悔やみ申し上げます そして大切な人との時間を突然に奪われてしまった喪失感をお察しいたします )

新年度が始まりました。
毎年4月1日はキミノタネの新事業計画説明会と
障害者虐待防止法の研修を実施しています。

今年度も例年通り、
現在ご契約いただいているスタッフの障がい特性や
こんな風に生活していきたいという希望、要望。
(※キミノタネでは利用者を“スタッフ”、支援員を“サポーター”と呼称)
加えて、
今後利用契約検討されるであろう方々のニーズを
くみ取れる支援体制を作ることや、
現状は勿論この先を考察してもスタッフ全員の平等性を崩さないことを主軸に、
支援内容や作業・活動の内容、工賃規定などを事業計画し、
その内容をご説明させていただきスタッフにご了承いただきました。

そしてもう一つ。
今年度はキミノタネが計画した
“新型コロナウィルス感染拡大防止に係る期間限定の特例支援内容”についても
ご説明させていただきました。

新型コロナウィルス。
聞き慣れなかったこの言葉が、
今では起床するたび、帰宅するたび、
新聞で、テレビで、ラジオで、ネットで、日常会話で飛び交い、
世界中でこの言葉を知らない人はいないのではないかという情勢となりました。キミノタネにいるスタッフはほとんどの方が心身に持病があり、
それゆえの障害を感じながら生活しています。
もし今スタッフが新型コロナウィルスに感染してしまったら…。
働く…や、自分らしく社会参加…って、
やっとやっと、やっと考えられるようになったのに、
精神疾患を持ったことで得体の知れない苦しさの中で生きてきて、
やっと、
それでもどうしたら自分らしく笑って暮らせるかを考えてもいいかなーって
思えるようになったのに。

あの治療環境に耐えれる?あの最期にどう思う?

いろんなことを考えながら、
今キミノタネができる新型コロナウィルスに関連する支援を考え形にしました。
昨日、
その内容をスタッフに説明し、
現在アンケート方式で
スタッフ本人とそのご家族にアセスメントの実施を開始しました。

現場の支援を継続しながら、
すでに新型コロナウィルスに関連することが原因で困惑しているスタッフの支援をしながら、
今後起こりえる状況を想像しながら必要な支援を拾い上げ
精神・発達障害の理解者であり支援者として福祉現場で
各関係機関と連携協力しながら、
どの役割でどんな支援をしていくのか形にする。。。

例年以上に、落ち着いて冷静に発進した4月。
多忙だよ。やることいっぱい。
でも、
ワタシたちサポーターだって
疲労やストレス貯めたら新型コロナウィルスに感染した時、
踏ん張れないからね。

しっかり寝て、食べて、
精神疾患や広汎性発達障害を抱え生活しているスタッフの不安をどう軽減し、
持病の悪化を防ぎながら
新型コロナウィルス感染しない拡散しない生活を組み立てるかを
4月10日までに計画していく4月上旬です。

今年の桜はこんなに綺麗に咲いてるのに見てくれる人は少ないね。
でも、
大切なのは『来年また咲けること』。

ワタシたちと一緒です。

 

キミノタネ施設長:すぎやかおり


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation