膨大な情報を必死に手に入れ、紆余曲折、試行錯誤しながら4か月間実施してきた ”キミノタネの新型コロナ感染拡大防止対策”。果たして、現時点で正解なのか、果たして今以上にできる事は何なのか!?

という事で、公益社団法人長野県看護協会様が主催する出張講座「福祉施設の感染予防」を受講させていただいた。

内容は専門的であるが、資料も講師の方の語り口も、とてもわかりやすい。施設内に持ち込まない工夫、知らないうちに持ち込まれていたら、そして基本的な知識と、適切な消毒や換気の方法・・・など。

キミノタネ現行のコロナ対策をご説明し、アドバイスをいただく機会にも恵まれた。そしてありがたいことに、講師の方からお褒めの言葉をいただいた。サポーター(職員)一同、暗中模索の世界から救い出していただいた感。”自分たちが行っている事は正しい”と思える事は、日々の糧になる。

有意義な時間をくださった長野県看護協会様に感謝を申し上げ、得た様々な知識や技術をいかし、今後とも新型コロナ感染拡大防止に努めていく所存。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation