今年もやってきましたツバメさんご夫婦。

しかし一味違う 斬新で芸術的な巣 を建設中。ワラや草のメイン資材に加えて、カラフルビニールテープや大きな糸くずのカタマリなどなど「長いもの」なんでもが、ときに1メートル程巣から垂れて浮遊していたり。

そして巣にくっつき損ね玄関に落下したそれらは、まるでハイジのベッドのようにコンモリ。

最近、数時間に一度の割合で、玄関から「むむむむ!」という荒い鼻息と、さっつさっつさっつと軽快なホウキの音がする。

ツバメに文句を言うわけでもなく、キミノタネの玄関掃除をするのは代表。言葉を持さないコミュニケーションは、ツバメが旅立つまで、人知れず続くのでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation