次なる新型コロナ特別支援。コロナに感染しない為に、「守る」事を大前提とした4月初旬の特別支援Part1に対して、今回のPart2は「共存」。むしろ「攻め」。コロナを感染拡大しないために、「できる事をやる」「やるべき事やる」そして「やらなくても良い事はやらない」を徹底して行う。ポイントを手中に。

 ともあれ、精神疾患、発達障がい、軽度知的障がい・・・それぞれの諸事情、心身のリズムやバランス・・・昨今のコロナ事情にも左右されているご契約者様(ご利用者様)への「支援」が本来の業務である。

 コロナ感染拡大防止策だけを講じているのでは、いかんのである。ご利用者様個々のニーズと実状、可能な支援、そしてモニタリング。「コロナ防止策の上に」築かせていただく個々へのバージョンアップしたご支援を、ここから2週間で計画する。そして基づいたご支援を6月から実行する。これが特別支援Part2。

そんなような事を話し合いながら、おやつに昔懐かしい棒アイスを献上したら、そわそわと「メロンにしようか、ピーチにしようか」と、袋をのぞき込んでいる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation